恐怖を知らない人たち FEAR FACTOR

 本書は米国の心理学者が記した「The Fear Factor: How One Emotion Connects Altruists, Psychopaths, and Everyone In-Between」の訳書です。Psychopath(サイコパス)は近年マスコミでも犯罪心理学などで耳にすることが増えましたが、Altruistは耳慣れない言葉です。Egoistの対義語で利他主義者と訳されます。

 「サイコパシーは発達障害の一つ」でサイコパスの大人の数だけサイコパスの子どももいたということになりますが、サイコパスと呼ばれることの負の影響を考えると子供をサイコパスと絶対呼んではいけないと著者は言います。サイコパスはサイコパシーチェックリスト改訂版(PCL-R)のスコア30点以上(最大40点)で判定され、10歳以上の子ども用の青少年版(PCL:YV)もあるそうです。PCL:YVで高い点数を示してもサイコパスの大人にならない人も多く、PCL:YVには判定基準はないそうです。著者はサイコパシーの症状があると思われる子供のボランティアを集めてfMRIで脳機能を解析し、人のおびえた表情を見た時に起こる偏桃体の活性化がなく無表情の顔を見た時と変わらなかったことを明らかにしています。被験者からの聞き取りでは、表情から相手がおびえていると認識する能力が低いようです。

 個々人の偏桃体の機能にはばらつきがあり、正規分布するとすれば、サイコパスの対極にある人たちも存在するはずです。著者はそれが利他主義者で、しばしば危険を顧みずに勇敢な行動をする彼らは、恐怖を感じないのではなく、他者への共感が強いために直感的に利他行動をしているようです。著者はレシピエントが誰になるか知らずに匿名で自分の腎臓の一つを提供した「利他的な腎臓ドナー」を利他主義者の被験者として集めて、おびえた表情への感受性が高いことを明らかにしています。利他行動の起源として、人間以外の哺乳類でも見られる他人の子どもを育てるアロマザリング(allomothering)について考察しています。餌報酬でレバー押しを学習した母ラットで、出産後、子どもを引き離して、レバーを押すと餌ではなく子供のラットが目の前に現れるようにしたところ、現れた子供を巣に運ぶ行動が見られ、別の母ラットの子どもでも同じように運んだという実験があるようです。研究者が実験を打ち切るまで3時間行動は続けられたそうです。おびえた表情は赤ちゃんの顔と特徴が似ていて、その特徴が共感のシグナルになると考察しています。また、オキシトシンがおびえた表情を認識する感受性を増加させるという研究もあるようです。

 著者は本書の大半をサイコパスではなく利他主義者について記していて、「他者の苦しみへの感受性は高いが、彼らの憐みや思いやりの能力は、大半の人間に潜んでいる同じ神経メカニズムが関わっている」と述べています。

恐怖を知らない人たち

新品価格
¥1,944から
(2018/10/26 08:06時点)

恐怖を知らない人たち [ アビゲイル・マーシュ ]

価格:1,944円
(2018/10/26 08:08時点)

at 08:09, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

巨人の箱庭 平壌ワンダーランド

 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)という国家について平壌の建築を中心に考察した本で、建築物だけでなく絵画やポスターなどの豊富な写真も掲載されていて、マスコミ報道ではわからない北朝鮮の一面が垣間見れるものとなっています。

 著者によると「平壌にはロシア構成主義建築による人口250万人の都市が形成されている」とのことです。構成主義建築はロシア革命期の建築で当時の新素材、コンクリート、鉄骨、ガラスなどを使って装飾性を排除した幾何学的な形態を特徴とする建築のようです。建国の父、金日成は抗日運動からソ連軍の支配下に入り大尉にまで昇進しました。戦後、金日成はソ連に統治された北朝鮮の指導者となり、スターリンの影響下で建国したため平壌にはロシア式の都市ができたようです。ロシアはヨーロッパですから、平壌にパリをモデルとした凱旋門があるのも、納得できます。

 朝鮮戦争、東西冷戦、中ソ対立などの世界情勢で、北朝鮮は外交により中ソ両国から援助を引き出すのが大きな産業となっていたようです。自然災害によって国家が維持できないほどに疲弊した金正日時代に、「先軍政治」により治安維持につとめ、平壌の内と外を分ける北朝鮮国内の国境線「平壌ライン」を引いて体制を維持したようです。日本でも都市と地方の格差是正が問題となっていますが、物理的なラインで警備して移動を制限する「国境」まで作られたのでは、その外に置かれた人たちの激しい怒りを買ったのではないかと思います。著者によると平壌へ入るより中朝国境を超える方が容易なため、生活できなくなった平壌の外の市民は平壌流入や体制批判よりも脱北を選んでいるとのことです。北朝鮮は国内に国境がある特殊な国に見えますが、日本でも沖縄への在日米軍基地の集中を考えると国内に見えないラインを引いていると言えるかもしれません。

 北朝鮮が共産主義から「主体思想」による独自の体制に移行したため、金正恩へと三代続く「金王朝」による支配体制が完成したようです。被支配層の平壌市民は、生まれた時からそれなりに安定した生活ができる世代に交代したため、支配、被支配の構造が安定し、指導者が若くても安定した体制が維持できているようです。

 著者はファンキー末吉氏と共に平壌の高等中学校の音楽教室でロックを教えるプロジェクトを10年続けたとのことで、そのプロジェクトに参加した平壌の女子高生9人の写真も掲載されています。

巨人の箱庭 平壌ワンダーランド

新品価格
¥2,700から
(2018/10/22 06:59時点)

巨人の箱庭 平壌ワンダーランド [ 荒巻正行 ]

価格:2,700円
(2018/10/22 07:25時点)

at 07:26, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

蠅たちの隠された生活

 大英自然史博物館のハエの研究者がハエの生態について紹介した本です。この本に紹介されているハエはハエ目で蚊やアブなども含まれています。本書を読んで驚くべきはハエ目の多様性です。本書はハエが何を食べているかによって、章に分けて記述されていますが、花の蜜を吸って受粉に協力している「受粉者たち」、朽ちた木や腐った生ごみなどを食べる「分解者たち」、植物の葉などを食べる「採食者たち」、キノコなどを食べる「菌食者たち」、生きた昆虫などを食べる「捕食者たち」、動物に寄生する「寄生者たち」、血を吸う「吸血者たち」、さらに「糞食者たち」と「死肉食者たち」が紹介されています。

 「吸血者たち」は蚊やアブなどで、血を吸うのは多くは雌だけですが、サシバエは雄も血を餌とするため吸血するそうです。「寄生者たち」はしばしば、宿主を食い尽くして殺してしまうためグロテスクに感じますが、蜂の巣穴に入り込んで寄生するツリアブは蛹が表面のとげで動くことができ、巣から出ることができるという驚くべき能力を示すそうです。ツリアブモドキ科には蜜を吸うための口吻が体長の8倍(体長1僂埜吻が最大8)に達するものもいるとのことです。朽ちた樹木を食べるパントフタルムス科には翅を広げると8.5僂砲眞する巨大なハエがいるそうです。アメリカミズアブのウジ(幼虫)は鶏の糞を食べて大きくなり、蛹になって鶏の餌になるそうです。アメリカミズアブの養殖は一大ビジネスとなっているとのことです。

 著者のようにハエが好きにはなれませんが、本書を読むとハエの生態に興味は湧いてきます。

蠅たちの隠された生活 (大英自然史博物館シリーズ)

新品価格
¥1,944から
(2018/9/12 07:07時点)

蠅たちの隠された生活 [ エリカ・マカリスター ]

価格:1,944円
(2018/9/12 07:08時点)

at 07:09, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

都心集中の真実 東京23区町丁別人口から見える問題

 東京一極集中は改善されず、地方で人口減少が進む中、東京だけで今後も人口増加が予測されています。東京の中でも細かく見ていくと、23区と市部では状況が違いますし、23区内でも異なります。さらに、町丁まで細かく見て、性別や年齢、国籍まで分けて解析すると、東京都心と郊外の様子が見えてくるようです。

 本書には詳しい人口分布のデータから、都心部に独身女性が独身男性と同程度まで増加している姿と、郊外での人口減少と高齢化を示しています。著者は郊外に若い世代を取り戻す施策として、ニュータウン内に職場をつくり職住接近を図ることを提案しています。

 都心での人口増加は外国人の寄与も多いのですが、新宿区大久保の韓国人、江戸川区西葛西のインド人など特定地域に特定の外国人が多く住んでいるようです。これらは知っていましたが、池袋も外国人の居住割合が高い地域とは知りませんでした。

 都心の話は地方とは全く状況が異なっていますが、郊外のニュータウン(多摩地域)に関する分析や考察は東京以外でも参考になるかもしれません。

都心集中の真実――東京23区町丁別人口から見える問題 (ちくま新書)

新品価格
¥799から
(2018/9/10 07:17時点)

都心集中の真実ーー東京23区町丁別人口から見える問題 東京23区町丁別人口分析から見える問題 (ちくま新書) [ 三浦 展 ]

価格:799円
(2018/9/10 07:18時点)

at 07:19, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

発達障害の人が就職したくなる会社

 法定雇用率の算定に用いられる障碍者の数を中央省庁が水増ししていたことが報じられていますが、多くの企業は法定雇用率を達成すべく障碍者の雇用に力を入れています。さらに、障碍者の働きやすい環境を整えることによって戦力として積極的に採用している企業もあります。法定雇用率には身体障害者だけでなく、精神障害者保健福祉手帳を所持する精神疾患や発達障害の人も算入されます。障害者雇用促進法は障碍者の雇用を義務付けるだけでなく雇用した障碍者に対する合理的配慮も義務付けています。本書には、発達障害の人が働きやすい職場の実例や支援団体によるサポート、発達障害の人の学習や就職を支援している大学の実践例が紹介されています。さらに、専門医による発達障害の人の特性と働きやすくするためのアドバイス、法律相談など、盛りだくさんの内容です。

 ASD(自閉症スペクトラム障害)の特性として時間を量の概念でとらえることが苦手で、始まりと終わりの時刻として捉えてしまうため、その時間の予定をスケジュール表などで「構造化」すれば安心するとのことです。さらに、専門医はASDの人が「一度、否定的な評価をされていると感じると、相手を『敵』とみなし、なにをいわれても『文句』や『非難』ととらえてしまう」ため、上司として「面と向かって『〜した方がいい』『そんなこともわからないのか』などと決めつけるようにいってはいけない」と注意を促しています。

発達障害の人が就職したくなる会社: 発達障害者の自立・就労を支援する本2

新品価格
¥1,404から
(2018/8/24 06:29時点)

発達障害の人が就職したくなる会社 発達障害者の自立・就労を支援する本2 [ 発達障害者の自立・就労を支援する会 ]

価格:1,404円
(2018/8/24 06:30時点)

at 06:30, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

大統領の疑惑

 原題は「TRUTH The Press, the President, and the Privilege of Power」で、イラク戦争を起こしたブッシュ大統領の軍歴に関する疑惑をテレビニュースで報じてCBSを解雇された元プロデューサーが事件の真相を記したものです。「Truth」(邦題:ニュースの真相)というタイトルで映画にもなりました。著者Mary MapesはCBSニュースの看板番組だった「60 minutes」の姉妹番組である「60 minutes供廚離廛蹈妊紂璽機爾任靴拭ピーボディ賞を受賞したアブグレイブ刑務所の虐待についての話、ブッシュ大統領がテキサス州知事時代に約150の死刑を承認し「知事としてアメリカの近代史上、もっとも多い」ことなど、自身が手掛けたいくつかの「ストーリー」についても記されていますが、ブッシュの軍歴の疑惑については、その真相と番組で報じてからCBSを追われるまでの顛末が詳しく記されています。疑惑はベトナム戦争当時、徴兵によって戦地へ派遣されることを逃れるため有力者の口利きでテキサス州兵に採用され、訓練を受けてパイロットになった後、上官の命令に反して健康診断を受診せず航空機への搭乗を禁じられ、軍務を離れて選挙を手伝い、その後除隊となるというもので、他のジャーナリストも追いかけていたものでした。Maryは様々な取材や公開請求で入手した公文書などで核心に迫り、州兵当時のブッシュの上官のメモのコピーを入手して、疑惑の真相を報じました。ブッシュ大統領にとって決定的なスキャンダルとなるはずでしたが、ブッシュ擁護のブロガーによるメモは偽造だとするキャンペーンによってCBSは追い詰められ、経営陣は社員ではなく会社を守るために番組プロデューサーなど関係者を切り捨てる戦略に出ました。ブロガーがメモを偽造とした根拠はメモの中身の正否ではなく、フォントの間隔やthの上付き文字などが当時のタイプと一致しないとするもので、本書によるとすべて事実とは異なり、明確に反論できる虚偽の主張のようです。著者の入手したメモもコピーで、もともとメモが本物であるかどうかの鑑定は不可能で、CBSはメモが内容的、外観的に事実と矛盾しないことを鑑定して報じたもので、報道は適切と思われます。しかし、多くの人が事実か嘘かに関係なくブロガーの主張を信じたため、新聞社などのマスコミもCBSの番組を非難するようになり、CBSは調査委員会を作って番組を不適切と認定して番組関係者を切捨てました。

 トランプ大統領は自身に都合の悪い事実を伝えるマスコミをフェイクニュースと非難していますが、大統領自身ではないとしても都合の悪い事実を報じるマスコミをフェイクとして攻撃するのは前例があったようです。メモのフォントのようないろいろと解釈できるような些末な部分を声高に主張して疑惑全体を否定する手法は、日本で南京事件や従軍慰安婦問題を否定するような主張に共通しているように思いました。報道の自由を重んじる米国で、ブッシュの軍歴疑惑では多くのマスコミがCBSのジャーナリストを擁護しなかったことは驚きです。CBSの親会社であるバイアコムはジャーナリズムより利益を優先して社員を守らず、事件を視聴率の取れない報道番組を減らす機会としており、ジャーナリズムの危機を感じました。

大統領の疑惑

新品価格
¥2,376から
(2018/8/20 07:16時点)

大統領の疑惑 米大統領選を揺るがせたメディア界一大スキャンダルの [ メアリー・メイプス ]

価格:2,376円
(2018/8/20 07:18時点)

at 07:19, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

京都の裏社会 山口組と王将社長射殺事件の聖域

 サブタイトルにある「餃子の王将」の社長が射殺された事件を含めて、京都を舞台とした9件の闇社会の事件が記されています。「王将」社長大東氏が本社駐車場で射殺された事件は衝撃的でした。事件はいまだ未解決で、犯人につながるかは不明ですが、本書には、大東氏の姉の夫、創業者の加藤朝雄氏(故人)と親しかった元部落解放同盟中央執行委員長上杉佐一郎氏(故人)のファミリー企業への不明朗な巨額融資と大東氏が上杉ファミリーとの闇の関係から手を切ろうとしていたのではないかと思われることが記されています。さらに、「王将」には三代目社長潔氏の長男(創業者の孫)によるウクライナ人妻へのDVと息子の連れ去り失踪事件(いまだ行方不明)というもう一つの闇も存在しているとのことです。

 京都は会津小鉄会、滋賀は弘道会系淡海一家が仕切るという土木建設業界の「京都ルール」を無視して京都に進出しようとした淡海一家と争った「自由同和会京都府本部」最高顧問、「国土建設協同組合」代表理事の上田藤兵衛の話が第2章、真如苑に乗っ取られた醍醐寺が第3章です。醍醐寺に関しては、新興宗教「かむながらのみち」とも親しい関係にあることが記されています。この教団は「ゆず」の北川悠仁氏の母が教祖、兄が理事長とのことです。

 第4章はエムケイタクシーの青木定雄氏による再編された韓国系金融機関、近畿産業信用組合の私物化と解任劇について、JR京都駅北側の「崇仁地区」が武富士によって地上げされた後、転売で朝鮮総連系の企業が所有者となった件が第5章です。パチンコのマルハンがスポンサーとなってカジノ推進に動く団体の京大人脈が第6章、東本願寺の内紛劇が第7章です。東本願寺の長である法主が天皇制のように世襲制で教団財産をめぐる利権に付け入ろうとする様々な人に食い物にされ、東京本願寺が宗派離脱を宣言し、1988年には「浄土真宗東本願寺派」を結成し、実務を担ってきた大谷派内局と分裂したようです。東本願寺派を宣言した光紹住職と統一教会=勝共連合との接近も記されています。

 1986年暴力団組員二人が「れすとらん伏見」で射殺された事件の背景として市街化調整区域の線引き変更による山林開発の利権にからむ成功報酬があったことについて記したのが第8章、最終章は無理な融資と取り立てで弱体企業を食い物にする「事件屋」をかかえる京都信用金庫の話です。これは2000年に出版された「関西に蠢くまだまだ懲りない面々」に掲載されたものとのことで、現在の京信が依然として闇を抱えているのかは分かりません。

京都の裏社会 山口組と王将社長射殺事件の聖域

新品価格
¥1,296から
(2018/4/2 07:16時点)

京都の裏社会 山口組と王将社長射殺事件の聖域 (宝島sugoi文庫) [ 一ノ宮美成 ]

価格:648円
(2018/4/2 07:18時点)

at 07:19, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

健康格差 あなたの寿命は社会が決める

 所得によって健康で暮らせる期間すなわち健康寿命に格差が生じていることを示し、その対策として行動経済学のナッジ(nudge)という考え方を取り入れた試みについて紹介しています。健康寿命に格差が生じる原因は食生活を中心とする生活習慣ですが、健康を損なう低所得層の生活を自己責任と片付けるのでなく、社会全体の問題として捉えて解決する視点を提供しています。塩分の多い食事は高血圧をはじめとして生活習慣病の原因の一つとされていますが、普段摂取している塩分の多くは加工食品由来でメーカーがパンなどの塩分含量を減らすことによって塩分摂取量が減少することを英国のデータで示しています。

 足立区では野菜の摂取量を増やすために飲み屋の付け出しに野菜を出したり、焼き肉屋で野菜と肉が注文されたら野菜から出すと言った取り組みで野菜から先に食べる「ベジ・ファースト」という食べ方や、定食などに野菜を増やして野菜の摂取量を増やす「ベジタべライフ協力店制度」で成果を上げている試みが紹介されています。

 格差社会を背景とした健康格差は世界のトップクラスにある日本人の平均寿命にも影響を及ぼしかねず、深刻な社会問題として対策に取り組む必要があることが記されています。本書は講談社現代新書から出版されたものですが、Webメディア7媒体で全文が読めます

健康格差 あなたの寿命は社会が決める (講談社現代新書)

新品価格
¥842から
(2017/12/4 08:13時点)

健康格差 あなたの寿命は社会が決める (講談社現代新書) [ NHKスペシャル取材班 ]

価格:842円
(2017/12/4 08:14時点)

at 08:15, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

「老健」が、親の認知症からあなたを救う!

 社会福祉士で介護の相談に応じるNPO法人を主宰する著者が、自身の経験から認知症患者の終の棲家として老健(介護老人保健施設)を勧めているのが本書です。老健は一般に短期のリハビリによって自宅へ帰ることを目指す施設と認識され、3か月で追い出されるから終の棲家とはならないと思われていますが、本書によれば、家族の意に反して追い出すことはできないとのことです。

 著者は老健が終の棲家となる証拠として、全国老人保健施設協会が「介護老人保健施設における看取りのガイドライン」を作成していることを示しています。本書の前半部では特養、サ高住、老人ホームと比べて老健が如何に優れているかを力説しています。後半部では、認知症の要介護者をどのようにして老健に入れるかについての方法が記されています。物忘れ外来受診、MSW(医療ソーシャルワーカー)との面談、認知症病棟への保護入院、30日経過面談、60日経過面談、MSWより老健の紹介、老健入所面談の7ステップで老健までたどり着くようです。物忘れ外来でMSWを紹介してもらうためには如何に介護で困っているかを力説し、担当医に自宅では看られないことを理解してもらわなければなりません。さらに、MSWを味方につけ「緊急避難的に入院」できる病院を紹介してもらう必要があります。めでたく認知症病棟に入院できても、2か月か3か月での退院を求められるので、老人ホームなどを探して病院に居座って迷惑をかけないふりをし、面談では探しているけれど条件に合う施設が見つからないことをアピールするようです。60日経過面談では退院後の入居先が見つからないことを相談して、病院側から老健の紹介がなければ、自ら言及して紹介してもらう必要があります。入所面談では3か月ごとに「在宅復帰判定委員会」で症状が良くなれば退所となることを説明されるそうですが、認知症は治らないので退所せずに老健が終の棲家となるという理屈のようです。

 老健入所までの7ステップを読んで、これは自分にはできないと思いました。要介護1以上の認定を受けていて、病状が安定していて通院が不要であれば、在宅から直接老健施設に入所を申し込むことができるそうです。入所のための面接で如何に介護が大変で入所が必要かを訴えることは、上記7ステップのMSWとの面談と同様とのことです。7ステップより入所できる可能性が低いようですが、こちらであれば、トライできるでしょうか。

「老健」が、親の認知症からあなたを救う! -特養、サ高住、老人ホームはやめなさい-

新品価格
¥1,404から
(2017/10/18 07:23時点)

「老健」が、親の認知症からあなたを救う! 特養、サ高住、老人ホームはやめなさい [ 山崎宏 ]

価格:1,404円
(2017/10/18 07:24時点)

at 07:24, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

続十六の墓標

 連合赤軍事件で逮捕された永田洋子氏が事件を総括した「十六の墓標」への反響を踏まえた続編として書かれたものです。控訴審で死刑判決が出され、「1988年3月末に上告趣意書を書き上げてから直ちに取りかかったものの、完成するまでには実に1年7か月もかかってしまいました。」と1989年11月8日の署名で「おわりに」記しています。

 控訴審判決では永田洋子氏を死刑とした一審の判決が維持され、同志を殺害した殺人について犯行理由を「被告人の個人的資質の欠点と森の器量不足に大きく起因」としましたが、永田氏は「革命戦士への変革を目指すという共産主義化のための総括」と主張し、リンチ事件での自身の役割に関する事実認定にも不満があったようです。永田氏が「反感や不快、対抗意識ないし嫉妬などの個人的な感情」で多くの同志を殺害したとは考えられず、目的のためには手段としての暴力を肯定する革命思想がリンチ事件の背景にあったものと思います。裁判所は判決で革命思想に踏み込むのを避けたのでしょう。どのような理由でも殺人に対する死刑判決は変わらないから、事件の動機や背景を解明する努力を怠ったのかもしれません。オウム事件の裁判を考えても、裁判所は犯行の理由を解明することに熱心ではないように見えます。

 本書には、人権侵害と思われる過酷な取り調べや留置場での処遇が記されています。逮捕時に永田氏が保持していた現金を警官に押収され猫糞されたことや、生理用品や食品を看守を通して購入することができず「(取調べの)刑事さんに買ってもらいなさい」と言われ、自白の強要に利用されていたという実態も記されています。拘置所では病気の訴えに対しても十分な処置がされず、最終的に永田氏は、脳腫瘍(松果体部腫瘍)が進行し最高裁判決後死刑執行前に拘置所で亡くなっています。

 永田氏は自身で事件を振り返り、正しい「連赤総括」を行うことを使命と考え獄中生活を過ごしたようです。獄中でマルクスの資本論の英訳書を使って資本論の勉強をし、日本の左翼はブルジョア革命を経ずに共産主義化を目指したため、「上からの指導」に絶対的な服従を強制する「旧日本軍」のような「封建的社会主義」に陥っていたと総括するまでに至ったものと思います。

 約30年前の本で、拘置所や取調べなどでの人権侵害は改善していると思いたいところですが、警察署の取り調べの可視化への抵抗を考えるとあまり変わっていないかもしれません。

十六の墓標(続)

新品価格
¥3,208から
(2017/10/13 07:38時点)

十六の墓標(続)【電子書籍】[ 永田洋子 ]

価格:1,944円
(2017/10/13 07:42時点)

at 07:43, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -