命を救うおせっかい

 仙台で2歳11ヶ月の女児が自宅マンションに放置されて亡くなり母親が逮捕されたと報道されました。母親は海苔巻き1本を置いて家を出て3日間帰らなかったと言います。幼い子供が亡くなるニュースが無くならない事実は、残念ながら自分の子どもを育てられない親、育てない親の存在を示しているように思います。育てられない親が周囲や行政に助けを求めれば介入の余地もありますが、SOSを出さないまま子供の死亡にまで至るケースで、子供を助けるために大人は何ができるのでしょう。

 野田市で小4女児が父親の虐待で亡くなった事件では、児相をはじめとする行政の不適切な対応が問題とされました。行政が適切に介入すれば助けられた命は今後失われることがないように改善すべきです。やるべきことは明らかで、政府が予算をつけて専門家を育て担当者を増やすことです。しかし、この方法で行政にSOSが届いていない仙台の女児のようなケースは救えません。このニュースでマンションの住人か近所の方か、女児の異常な泣き声を聞いたと話しているのを聞きました。もちろん、この人には何の責任もありませんが、少しだけおせっかいだったら助けられたかもしれないと思いました。子供が泣くのは当たり前で、いちいち親に言いに行けば迷惑な人と思われるでしょう。泣き声だけで異常か正常かは分からないかもしれません。それでもおかしいと思った人が直接言いに行かなくても、警察に言うなどの行動をとっていれば介入の余地が生まれるでしょう。米国では小学生の子どもに留守番をさせて買い物に行っただけで、育児放棄と間違われて通報されるリスクがあると聞きます。親から見ればおせっかいですが、日本でも市民がおせっかいにならなければ救えない命がある社会になったのかもしれません。

at 06:40, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

胃カメラを飲む

 胃がん検診のため胃カメラを飲んできました。これまで胃がんの検診はバリウムを飲んでレントゲン撮影による胃透視で受けていました。幸いこれまで「要精検」となったことはないのですが、精密検査になったら胃カメラを飲むのであればバリウム検査で無駄に被曝する必要はないと考え、初めから胃カメラを飲むことにしました。市の胃がん検診でも両者を選べるようになり、バリウム検査の集団検診よりは高額ですが、病院での胃カメラ検査も3800円の自己負担、早期割引は3200円とのことでした。

 若い頃に胃潰瘍の診断のため胃カメラを飲んでとてもつらかった経験があり、予約をした検査日が近づくにつれ憂鬱な気分になっていました。検査は楽ではありませんでしたが、恐れていたほどつらくもありませんでした。初めに白い液体を紙コップで半分程度飲んだ後、腰かけて上を向いた状態で局所麻酔薬を口に含み、咽頭付近で保持するように指示されました。数分だったと思いますが、飲み込んでしまいそうで、とても長く感じられました。一定時間の経過後、飲むように指示されましたので、途中で多少はのどに落ちても問題なかったようです。スプレーで2度、咽頭に局麻を吹き付けられ、検査用のベッドに移動しました。

 横になって胃カメラを入れるための円筒のマウスピースをくわえた状態でテープで固定し、胃カメラの挿入が始まりました。検査中目を閉じていましたが、胃の奥に違和感を感じました。強い吐き気はありませんでしたが、時々つばを飲み込んでいました。ほどなく検査は終了し、うがいをして、1時間ほどで飲食が可能となりました。

 若い頃の検査では咽頭の麻酔は使っていなかったと記憶しています。時代なのか、病院のやり方なのか分かりませんが、やり方で検査のつらさはかなり違うようです。

at 07:21, kameriki, 医学

comments(0), trackbacks(0), - -

日米安保トランプ大統領に反論せよ

 菅官房長官は、トランプ大統領の日米安保条約に関する発言に真意を問いただすことなく静観する構えのようです。トランプ大統領がマスコミ向けに勝手に言っていることで、米国政府の姿勢とも違うと見て、騒ぎ立てしないのが大人の対応と考えているのかもしれません。しかし、発信力のあるトランプ大統領の発言を放置しておけば、日米安保条約は米国に不利な不公平な条約と言う評価が米国民や諸外国にまで広がってしまいます。実際は、広大な基地提供や駐留経費の負担だけでなく日米地位協定という屈辱的な協定を伴う日米安保条約が米国でなく日本にとって不公平な条約だということをきちんと発信すべきです。まさか、トランプ大統領の外圧を使って憲法9条を変えようと考えているのではないとは思いますが、どのような姿勢でトランプ大統領の日米安保発言に向き合うつもりなのかも参議院議員選挙の争点となるべきでしょう。

at 07:48, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

最高裁恥を知りなさい

 最高裁は大崎事件の再審決定を取り消しました。服役中も一貫して無実を訴えていた原口さんの訴えを聞き入れませんでした。地裁と高裁が認めた再審請求を最高裁が新証拠の信用性を根拠に取り消したのは異例で初めてと見られているようです。さらに、裁判官5人の一致した意見と言うから驚きです。「疑わしきは被告人の利益に」という刑事事件の大原則を無視して、かつて有罪とした最高裁の体面を保つことを優先したのでしょうか。流行りの言葉で言えば裁判官に「恥を知りなさい」と言いたくなります。

at 07:37, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

東京貧困女子。

 インターネットの東洋経済オンラインに「貧困に喘ぐ女性の現実」と題した記事を連載していたライターの中村淳彦氏が、連載をまとめて書き下ろしたものです。貧困は女性だけの問題ではありませんが、賃金の低い非正規雇用は女性の比率が高く、平均賃金に男女の格差があり、貧困の問題が女性により多く現れているのは事実です。本書はケースリポートで、現代社会の全体像や貧困問題の解決策などは一切書かれていません。

 前半には風俗産業で収入を得ている女性が出てきます。風俗産業が短時間の労働で高額の収入を得る女性の仕事であることは変わりませんが、著者は多くの女性が参入することで賃金のデフレが起きていると言います。国立大学の授業料が大幅に値上がりし、講義への出席が厳格に求められるようになり、授業とバイトを両立させようとする多くの女子大生が風俗産業に就いているそうです。ブランド品を買うような贅沢や遊びまくるためのお金を目的に風俗産業に勤めるという固定観念は捨てた方が良いようです。

 後半には正社員として勤め貧困とは無縁の生活を送っていたかつてのエリートが、介護離職や離婚など誰にでも起こり得る出来事がきっかけで貧困に陥って抜け出せないシングルマザーが記されています。それぞれの女性の実情をどのように読むかは読者によって異なることと思いますが、福祉政策などを含めた現状の社会制度がうまくいっていないと感じるのではないでしょうか。

東京貧困女子。: 彼女たちはなぜ躓いたのか

新品価格
¥1,620から
(2019/6/28 08:10時点)

東京貧困女子。 彼女たちはなぜ躓いたのか [ 中村 淳彦 ]

価格:1,620円
(2019/6/28 08:17時点)

at 08:18, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

不平等な日米安保条約

 トランプ大統領が日米安保条約は不平等だから破棄する可能性があると側近に私的に語ったとする報道が波紋を広げています。日本政府は米国政府にそのような話はないと否定していましたが、トランプ大統領は記者団のインタビューでも不平等だと主張しました。トランプ大統領に言われるまでもなく日米安保条約は不平等です。但し、不平等なのは日本が植民地のように従わされている日米地位協定で、トランプ大統領が言うような日本が米国を防衛する義務がないことではありません。米軍が日本を守る義務を負う代わりに日本が米軍基地を提供するのが日米安保条約ですから、そこは不平等ではありません。トランプ大統領にすれば、日本が負担している駐留経費が少ないと考えているようですが、日本にとっては広大な基地の提供だけでもかなりの負担ですから、7割と言われる現在の駐留経費の負担額は、既に日本にとって不平等と言えるほど高額ではないでしょうか。今後トランプ大統領が様々な要求をしてくることが予想されますが、日米安保条約を破棄されないようにしがみつこうとすれば足元を見られます。トランプ大統領が不平等だというのであれば、日米地位協定の不平等さを訴えて改定に結び付けるべきです。米国が安保条約を破棄したいのであれば、歓迎すべきです。破棄して日本はロシアや中国との新たな安全保障体制を築くこともできるはずです。日米安保条約の破棄は北方領土の返還交渉にも資するでしょう。トランプ大統領の揺さぶりに密約で答えるような外交は慎んで、安保条約の破棄を歓迎する気概で外交に臨んでもらいたいものです。

at 07:29, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

Cook Do棒棒鶏

 味の素の中華合わせ調味料Cook Doは度々利用しています。メーカーの商品にはいろいろな種類がありますが、スーパーの特売で購入していますので、食べたことがあるのは特売対象になる数種類だけでした。Cook Doは調味料だけですから、これを使って料理を作るためには食材を買いそろえなければなりません。一つの料理で使用する食材が多い、もしくは高額なものは使いにくいため、それらは敬遠しています。

 先日Cook Doの特売がありスーパーの棚を見ると「棒棒鶏用ソース」も対象になっていました。パッケージを見ると使用する食材は「鶏もも肉1/2枚、きゅうり中1本」とだけ書かれています。これなら、手軽に作れそうです。鶏もも肉だけではなく「むね肉なら1/2枚、ささ身なら2~3本」とも記載されていますので、安価なむね肉も使えそうです。このCook Doを購入して鶏むね肉で作ってみました。

 鶏むね肉1/2枚を鍋で茹で皿の上にのせて冷まします。きゅうりは皮をむいて斜めに薄く切ります。鶏むね肉を適当な幅で短冊状にに切って、きゅうりを添えてCook Doをかけます。簡単にできて美味しくいただけました。練りごまの甘味噌で予想通りの味でした。誰が作ってもはずれがない調味料だと思いました。

味の素 CookDo(クックドゥ) 棒棒鶏用 100g(50g×2)×10個入

新品価格
¥2,462から
(2019/6/26 07:23時点)

CookDo(クックドゥ) 棒棒鶏用 100g×10個セット

価格:1,760円
(2019/6/26 07:29時点)

at 07:36, kameriki, 商品レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -

初期対応を誤った宮迫さん

 特殊詐欺グループの宴会で闇営業をしたとして吉本興業所属の芸人11人が当面活動停止の謹慎処分を受けたと報じられています。この問題が発覚した際に、闇営業のコーディネーターを務めていた入江さんは吉本興業との契約が解消され、宮迫さんら出演していた11名は厳重注意とされていました。その際、宮迫さんらは金銭を受け取っていないと主張していましたが、吉本興業の聞き取り調査などで金銭の受領が確認されたとされていて、宮迫さんは嘘をついていたことになりました。宮迫さんらにしてみれば、頼まれて出演しただけで処分を受けるのは迷惑な話と思ったかもしれませんが、嘘をついたことでイメージは悪化してしまいました。

 企業の不祥事でも最初の対応で虚偽説明や隠蔽があるとダメージは広がり、その後の対応に時間がかかります。安倍さんは森友・加計問題で嘘をつき通して逃げてしまいましたので、見習ったのかもしれませんが、残念ながら宮迫さんらは初期対応を誤ったことになりました。金銭の受領を否定することが誰かの指示だったことも考えられますが、いずれにせよ初期対応としては失敗です。もちろん、初めから金銭の受領を認めても謹慎処分は同じだったかもしれません。それでも、初めから反省していることが伝われば事務所も謹慎処分を解きやすくなったでしょう。これから時間はかかるかもしれませんが、いずれ謹慎が解かれて復活されることを期待します。

at 07:52, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

鳥居大図鑑

 鳥居と言えば地図記号の形が思い浮かびます。大きいとかたくさんあるといった違いは分かりますが、形に違いがあることは知りませんでした。本書によると神明系と明神系の2系統に分けられ、それぞれバリエーションがあり、さらに明神系から発展した稚児柱がある両部鳥居などバリエーションの大きな鳥居も存在するようです。神明系は「笠木に反り増しがなく、島木がシンプルな鳥居」、明神系は「鳥居の上部は笠木だけでなく、その下に島木がある。」とのことで、地図記号の鳥居は伊勢神宮に代表される「唯一神明鳥居」の形状のようです。

 本書には各地の神社の鳥居が写真付きで紹介されていますが、東京では兜のような形の鳥居がある港区の烏森神社、三柱鳥居が井戸を囲んでいる墨田区の三囲神社、柱に四神の飾りがある虎ノ門金刀比羅宮などが紹介されていました。大阪では陶磁器製の扁額をもつ角柱の鳥居が太鼓橋の先に建つ住吉大社やお寺なのに唐破風鳥居が建つ阿倍野区の正圓寺などが載っていました。たくさんの鳥居がトンネルのように立つ京都の伏見稲荷大社の千本鳥居は有名ですが、山口県長門市の元乃隅神社では海岸沿いの山際の参道に123基の鳥居が建ち並ぶようです。厳島神社のように海に建つ鳥居では佐賀県藤津郡太良町の大魚神社、対馬の和多都美神社が紹介されていました。さらに、コラムでは不思議な鳥居として両脇のビルに笠木や貫が突き刺さっている京都の錦天満宮、原爆で柱を1本失った長崎の山王神社の片足鳥居、鳥居本体や脇の狛犬まで備前焼で作られている岡山の由加神社本宮なども記載されていました。

 これまで神社にお参りしても、あまり鳥居を眺めることはありませんでしたが、本書を読んで改めて鳥居を見てみたくなりました。

鳥居大図鑑

新品価格
¥1,944から
(2019/6/24 07:19時点)

鳥居大図鑑 [ 藤本 頼生 ]

価格:1,944円
(2019/6/24 07:25時点)

at 07:25, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

えびせんいろいろ

 「えびせんべいの里」というメーカーのいろいろな味のえびせんを一つの袋に詰め合わせたもので、315g入り税込み540円です。初めて出会ったのは、伊勢湾岸自動車道の刈谷ハイウェイオアシスでした。いろいろな種類のえびせんを試食販売していて、10種類以上はある商品の試食をコンプリートしてしまいました。どれもおいしく多くの人は詰め合わせを購入することになるため、「えびせんいろいろ」が一番人気で、山となって積まれていました。

 刈谷ハイウェイオアシスの近くに住んでいるわけではなく、高速道路を使って移動中にたまたま立ち寄ったものです。その後、名神高速道路下り線の多賀サービスエリアにも「えびせんべいの里」ができたことを偶然知り、以来、名神下り線を通るときは立ち寄るようにしています。

 なんといっても、魅力は540円で大きな袋にいっぱい入っているというお得感です。いろいろな種類がありますが、適度な硬さでパリパリと食べられます。一般的なえびせんから梅味、わさび味などの変化球までどれもおいしくいただけます。さらに、近くで購入できないのが希少価値を高めているのかもしれません。10袋単位で通販でも購入できるようですが、送料もかかり、お得度は低下します。10袋も買ったら、食べ過ぎてしまいそうですから、サービスエリアに立ち寄ったときに購入するくらいがちょうど良いのかもしれません。

at 07:25, kameriki, 商品レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -