<< 投資家に尊敬される世界の100社ランキング | main | 国旗国家法と著作権法改正 >>

公務員採用試験の年齢制限

 ハローワーク等の求人(中途採用)では一般に年齢制限はなく、年齢制限が記載されている場合には、その理由が書かれています。しかし、公務員採用(経験者)では何の理由もなく堂々と年齢制限が記載されています(通常、採用試験の受験資格が何年生まれ以降として制限される)。多くの人が、何かおかしいと疑問に思われるのではないでしょうか。法的根拠を調べてみると、雇用対策法第37条の2に適用除外が規定され、第十条にある年齢制限の禁止が国家公務員と地方公務員への適用を除外されています。年齢制限の禁止が義務付けられた平成19年10月1日の改正の際の国会審議で、公務員の適用除外が問題とされました。厚労大臣の答弁は合理的な理由もなく無理やり適用除外を押し通しているように見えます。高級官僚が既得権益を守るために大臣に適用除外を押しつけたかのようです。国会審議等は「年金・医療・失業・労災困ったときの助かるブログ」に詳しく記載されています。
 適用除外があったからと言って年齢制限を設けるべきではなく、法の趣旨からも公務員の年齢制限を撤廃すべきであることは言うまでもありません。少なくともキャリア採用に関しては、即刻年齢制限を撤廃すべきと思います。

at 08:26, kameriki, 失業

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。