<< Jw_cad | main | Jw_cadの利用方法 >>

扶養

 主婦(夫)に有名な103万円と130万円の壁があります。前者は税法上の配偶者控除の限度額、後者は社会保険の扶養対象を認定するための限度額です。

 どちらも年収なので、扶養家族の範囲内でパートで働こうとするときに考慮する必要がある金額として103万円と130万円の2段階の壁として記憶されている方も多いと思います(配偶者特別控除の141万円を入れると3段階)。

 ところが、税法上の控除対象となる年収と社会保険上の年収は対象となる期間が違います。単純化すると、税法上は過去、社会保険では現在から未来の1年間となります。つまり、失業して無収入となった場合でも、その年に103万円を超える収入を得ていれば、年末調整で配偶者控除の対象となりません。しかし、現在無収入で今後の1年間の収入で130万円を超えない見込み(130万円を12で割った金額で1カ月ごとに判定)であれば、社会保険上の扶養家族に入れるようです。失業したときは、それまでの収入があるので扶養家族に入れないと考えがちですが(私もそう思っていました)、配偶者の勤務先などに手続きを確認するとよいでしょう。

 失業給付(雇用保険)は税法上の収入には入りませんが、社会保険の扶養認定では収入となります。従って、失業給付(130万円/360日以上の日額)を受けている間は扶養家族に入れません。失業給付の扱いといい、年収の対象期間といい、103万円と130万円は全く違う制度のようです。

 それにしても、扶養家族になるという選択肢は、あまり教えられる機会がないように感じます。いずれにしても、国の制度は自分で調べて手続しないと損をする(得をしない)ことが多いようです。

at 14:49, kameriki, 失業

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。