<< ダニ媒介感染症のウイルス(SFTSV)全国分布調査 | main | 安倍首相の目指す社会 >>

タブレットにマウスとキーボード

Nexus10にキーボード接続 通常、タブレット端末は持ち運んで画面をタッチしながらそのまま使うものです。しかし、文字入力はキーボードを使った方が断然早いし楽と思っている人も多いでしょう。取り外しできるキーボードがついてタブレットにもノートパソコンにもなる製品も販売されていますが、タブレットにキーボードを接続して使用することも可能です。アンドロイドタブレットNexusにはマイクロUSBポートがありますので変換ケーブルを入れることによって、通常のUSB接続機器をつなぐことができます。Nexus 10に変換ケーブル、USBハブを接続して、マウスとキーボードを接続することができました。マウスもキーボードも作動しますし、タッチパネルの動作にも影響しません。変換ケーブルは100均でも購入できますし、マウスやキーボードはUSB接続でパソコンに使用しているものがそのまま使えます。私はキーボードを新たに購入しましたが、1000円もしませんでした。もちろん、大きなキーボードを持ち歩くのは実用的ではありませんし、机がなければ作業することもできませんが、持ち歩くときはタブレット、家ではパソコンのように使用するという目的では役に立ちそうです。
 Nexus 10に接続して試したところ、キーボードから記号を入力するときにはキーの割り当てが異なっていましたので、若干の注意は必要です。
 USB接続機器をアンドロイドOSがどこまで動かせるかわかりませんが、少なくともマウスとキーボードは接続可能で、有料のアプリケーションを導入すればUSBメモリーも利用できます。一つしかない小さな端子ですが、マイクロUSBを利用した拡張機能もタブレット端末の利用の幅を広げるポイントになるかもしれません。

at 08:41, kameriki, アンドロイド

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/367