<< マイナンバーの前に住基ネットの見直しを | main | 頑張れ堀潤アナウンサー >>

無効選挙実施の責任

 一票の格差を是正せずに実施した先の衆議院選挙について、各地の高裁で違憲判決が続いていましたが、広島高裁では違憲に加えて選挙を無効とする判決が出ました。格差を放置した衆議院選挙の区割りが違憲であることは選挙実施前から分かっていたことですが、無効判決までは出ないと高を括ったのか、区割り是正をしないままで解散総選挙を実施した当時の野田首相の責任は大きいと言わざるを得ません。もちろん、いつまでも選挙法の改正に協力せず、解散に追い込んだ当時の野党自民党の責任も少なくありません。
 与党から選挙制度改正案が出されていますが、違憲で無効の選挙で選ばれた議員が選挙制度の改正を議論するという笑えない喜劇になっています。与党の改正案は一票の格差が問題となっている小選挙区の抜本改正には手を付けずに比例区で定数削減をはかる小手先の改正案で、違憲選挙で選ばれた国会議員ではまともな改正論議ができないことが危惧されます。年末に成立した0増5減による小選挙区の区割りを早急に実施して衆議院選挙をやり直し、違憲でない国会議員による選挙制度改革を行う必要があるでしょう。
 国会議員は違憲選挙の実施のために巨額な費用をかけた責任をとり、危機的国家財政のために政党助成金を返還する位のことはすべきでしょう。

at 09:05, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/260