<< Go To 東京除外だけでは不十分 | main | Go To トラベル残念な東京地裁 >>

佐川さん真実を話して下さい

 森友学園への国有地払い下げに関する国会答弁に合わせるため、公文書の改竄を強制され自殺した赤木俊夫さんの妻雅子さんが国と佐川元財務省理財局長を訴えた裁判が大阪地裁で始まりました。雅子さんは国への請求約1億700万円だけでなく佐川氏個人にも550万円の損害賠償を求めているのに対して、佐川氏側は答弁書で「公務員の不法行為を問う国賠訴訟では、公務員個人は賠償責任を負わない」と反論していると報道されています。佐川氏は事実関係について何もしゃべらないまま損害賠償請求を免れようとしている法廷戦術のように見えます。公務員が公務を遂行する中で結果的に不法行為に加担してしまった場合の賠償責任と、明らかに不法行為と分かる公文書の改竄を指示するという積極的な不法行為の遂行についての賠償責任は異なるのではないでしょうか。今後の裁判がどうなるかは分かりませんが、裁判官は佐川氏に改竄の指示に関する事実関係を証言するように促し、法廷で真実を明らかにして欲しく思います。

 佐川さんは550万円払ってでも何もしゃべらない方が安倍さんに評価されると思っているのではないかと危惧していますが、本人の名誉のためにも是非真実を話して下さい。

at 08:30, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment