<< サッカー台 | main | 性同一性障害は病気か >>

コロナ対策政府の甘い認識

 東京で連日新規感染者が100人を超える事態にも西村経済再生担当大臣は医療体制はひっ迫していない、4月の状況とは違うとの認識を示し、都道府県をまたぐ移動にも自粛を求めていません。小池都知事は東京からの感染の拡散を恐れて不要不急の移動の自粛を求めたのに対して異なるメッセージを出しています。東京の医療体制がひっ迫していなくても元々十分な医療資源がない地方で感染者が増えれば容易に医療崩壊につながる危険性があります。緊急事態宣言解除後、新規感染者が確認されていなかった地方で再び東京などで感染したと推定される感染確認が散見され、全国への感染拡大が心配されます。政府は都道府県をまたぐ移動の自粛を呼び掛けて東京や大阪などの都市から地方への全国的な感染拡大を防ぐべきではないでしょうか。その方が、それぞれの都道府県で域内の交流による経済活性化が促進しやすくなると思います。

at 06:50, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment