<< 東京アラートはどうなった | main | 安倍政権の暴走を止めた最高裁 >>

一国二制度の終焉

 全人代で6月30日「香港国家安全維持法」が成立し、即日施行されたと報道されています。1997年香港返還に当たって中国が50年間変えないと約束した一国二制度は23年間で終わりました。50年間の一国二制度は国際公約でしたから、半分に満たない23年間で終焉させる行為は国際公約に違反しています。欧米諸国だけでなく日本政府も批判の声を上げていますが、習近平主席はその声を聞く耳を持たないようです。

 巧みな日本語で度々日本のマスコミにも登場して香港の民主化を訴えていた周庭さんはtwitterに日本語と中国語で政治団体デモシスト(香港衆志)からの脱退を宣言し、香港衆志は解散しました。身の危険を感じて、生き残るために脱退を宣言しなければならなくなった状況を憂えています。武力も含めて強大な権力を持っている中国共産党政府が相手では勝ち目はないでしょう。命が大事です。

at 06:57, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment