<< 基地問題解決のチャンス | main | 感染拡大再開 >>

専門家もいろいろ

 人の接触を避けなくてもウイルスとの接触を避ければ感染を抑えて経済が回せると発言する専門家の見解が報道されていました。緊急事態宣言が解除され経済活動を再開させたい政府にとっては都合の良い見解です。しかし、専門家もいろいろです。これまでも政府は都合の良い試算や見解などを使って結果的に間違った政策を数多く実施してきました。新しい生活様式が実践できず困っている人にとっては、人との接触を避けなくても大丈夫という専門家の意見は飛びつきたくなるものです。ウイルスとの接触を避ければ良いというのは間違っていません。しかし、ウイルスはそのままでは見えませんからウイルスとの接触を避けるためにはウイルスを持っている人や動物との接触を避けるしかありません。ウイルスを持っている人が症状などで分かれば感染者を選んで避ければよいのですが、SARS-CoV2の感染者の多くは症状を示さないとのことですから、感染者の区別がつきません。症状のない人との接触で感染リスクがなければ接触しても感染は広がりませんが、無症状の人からも感染は拡大しているようです。結局現状では、人との接触を避ける予防的な対策が必要ではないでしょうか。

 東京での感染は再び拡大していますが、小池知事は東京アラートを出さずに、基準を見直すと言っていました。政府は専門家会議を廃止すると発表しました。政府が都合よく専門家の意見を持ち出さないか注意して聞く必要があります。

at 07:10, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment