<< コロナと足のむくみ | main | コロナ対策台湾との違い >>

離党で終わらない安倍自民党総裁の責任

 河井夫妻が買収容疑で逮捕されました。逮捕に先立って自民党に離党届を出し二人は自民党を離れましたが、衆議院議員の夫、克行氏を法務大臣に任命した安倍首相の責任は免れません。河井克行氏が法務大臣を辞任した際にも任命責任を問われましたが、安倍首相は何も責任を果たしていません。河井氏辞任後に任命された森まさこ法務大臣は黒川検事長定年延長問題で迷走し、法務行政を妨害しました。森まさこ法務大臣は安倍首相の意向に従っただけですから、法務行政を妨害したのは安倍首相自身の責任です。後から見ると法務大臣の任命は遵法意識の乏しい安倍首相らしい人事と言えるかもしれません。

 安倍首相には河井法務大臣の任命責任だけでなく、自民党総裁として河井案里参議院議員の選挙費用を提供した責任も問われなくてはなりません。河井夫妻の逮捕容疑となった買収資金がどこから提供されたかは明らかになっていませんが、案里参議院議員が当選した選挙で1億5千万円と巨額で、同じ選挙区から立候補して落選した自民党現職候補の10倍の資金が提供された事実が明らかになっています。買収を指示して資金を提供したとは思いませんが、巨額の資金提供で金権選挙を主導した自民党総裁の責任は、河井夫妻が離党しても仮に議員辞職しても逃れられるものではないでしょう。

at 07:34, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment