<< 毒樹の果実の法理 | main | コロナと足のむくみ >>

河野さん辺野古も

 河野防衛大臣がイージスアショアの配備計画の停止を表明しました。これまでに説明していた迎撃ミサイル発射の際のブースターを敷地内に落下させるようコントロールすることは困難とのことです。初めから危険性が指摘されてきたことを防衛省はこれまで安全と説明していましたから、ここでも政府は嘘をついて公共事業を進めようとしていたとも言えます。イージスアショアは安倍首相がトランプ大統領に言われて爆買いを約束したことから配備計画が決まったものですから、初めから無理がありました。

 河野防衛大臣、この時期の配備停止表明はポスト安倍を意識したものか分かりませんが、トランプ大統領の圧力に屈しない覚悟があるのであれば、辺野古の新基地建設も停止してもらいたいものです。在日米軍駐留経費増額要求をはねのけ、日米地位協定を改定し、在日米軍人員削減、辺野古の新基地なしで普天間飛行場返還を交渉するのであれば、「河野首相」誕生を支持します。

at 07:58, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment