<< ずさんな補正予算 | main | 安心のためのPCR検査料 >>

追い詰められたトランプ大統領

 全米各地で続くデモに強硬な姿勢で臨むトランプ大統領、再選が危うくなって追い詰められているように見えます。好調な経済を背景に大統領への再選は間違いないだろうという大方の予測でしたが、新型コロナウイルス感染対策に失敗し、失業者も増えて黄信号が灯っているようです。トランプ大統領はコロナ対策での失政を中国とWHOに責任転嫁することで乗り切ろうとし、米国内ではある程度成功しているようにも見えます。しかし、リモートで行うと思われていたG7サミットで首脳を7月に米国に招待して行うと表明し、ドイツのメルケル首相から行かないと言われてしまいました。今度は、開催時期を秋に延期して、ロシアとインド、韓国、オーストラリアも招待すると表明し、ロシアの参加について英国とカナダに反対されています。WHOからの脱退表明でもEUなどから非難され、国際社会でトランプ大統領は孤立しているようです。

 警官の取り締まりによる黒人の死亡事件を機に起こったデモ、社会の分断をあおっているトランプ大統領によって事態がエスカレートしているように見えますが、人種差別と社会の分断の問題を治安の問題にすり替えて強い大統領を演出しようと懸命のようです。外からはトランプ大統領が追い詰められているように見えますが、米国内でどのように受け止められるのか、注視しています。

at 07:15, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment