<< 届かないアベノマスク | main | 東京アラート >>

米国のデモと香港のデモ

 ミネソタ州ミネアポリスの路上で黒人が警官に腹ばいにされ、膝で首を圧迫されて死亡した動画をきっかけに全米で激しいデモが起こっています。一部は過激化し、多くの都市で夜間外出禁止令が出され、デモ隊の取り締まりに一部では州兵が動員され、トランプ大統領は州兵を動員しない州には米軍を派遣すると州知事を牽制する事態となっています。新型コロナウイルス感染が収束していない米国で多くの人が密集するデモに参加していることにも驚きますが、声を上げている人にとってはコロナよりも大切なことがあるのでしょう。

 香港の一国二制度を破壊する中国での「国家安全法制」の整備を受け香港でも激しいデモが起きました。香港市民の生活に著しい影響を及ぼす中国の法整備に対抗する手段を持たない市民は、デモで声を上げざるを得なかったのでしょう。

 米国と香港のデモ、それぞれ訴えていることは違いますが、やむに已まれぬ気持ちは同じかもしれません。米中政府は激しく対立していますが、デモ隊の声に耳を傾けることなく武力を使ってデモ隊の口を封じようとするトランプ大統領と習近平主席は似た者同士に見えます。

at 07:16, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment