<< 2週間後の答え | main | 一国二制度は国際公約 >>

9月入学どころじゃない

 9月入学の希望をSNSでつぶやいた高校生の声を一部の知事が拾い上げ、新型コロナウイルス対策で結果を出したい安倍政権がそれに呼応して検討が始まりました。長い休校要請で通常の学校生活が短縮されてしまう高校生が9月まで待ってまともな高校生活を取り戻したいと願う気持ちは理解できますが、9月入学が最適解にならないことは明らかです。文科省が9月入学の課題を検討することになって、専門家から数々の問題点が示され、反対する現場の声も取り上げられるようになってきました。政治家は高校生の声を聴いて市民に寄り添っているふりをするのではなく、高校生に分かるように説明して現実に最適と思われる1日でも早い学校生活の再開に全力を尽くすべきでしょう。9月入学にしたところで、新型コロナウイルス感染の次の波が来て再び休校することは十分あり、入学時期をずらすことは学校生活の時間を確保する方法として適しているとは思われません。再び休校になったときに対応できるようオンライン授業を充実し、分散登校、少人数学級などで感染の次の波が来ても教育ができる体制を作ることの方が優先されるべきです。少なくとも、この緊急事態で文科省には9月入学を検討している暇はないはずです。安倍政権はやったふりをするために現場を振り回す政策を繰り出すのをやめるべきです。

at 07:41, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment