<< 初めて使ったマイナンバーカード | main | 緊急事態は脱したか >>

精度でなく感度

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染を検出する抗原検査キットが承認されました。このニュースでNHKは「検査薬の精度が低く陽性とならなかった場合にはPCR検査が必要」と伝えていました。これまで感染していてもPCR検査で陽性とならないことがありましたから、抗原検査で陰性となっても感染していないとは限らないことは容易に想像がつきます。これは、精度ではなく感度の問題です。精度が低いと言えば、性能の低い検査薬の様な印象を与えますが、そんなことはありません。承認されたのは新型コロナウイルスの抗原だけを他のウィルスと区別して精度良く検出している抗原検査薬で、原理的にPCR検査より検出感度が劣るため陰性の確認にPCR検査が必要というのが正しい情報です。抗原検査よりPCR検査の方が感度がよいのは、この分野の知識が少しでもある人には常識ですが、知らない人のためにニュースは正しい日本語で伝える必要があると思います。新聞報道でも「精度」と書かれているのが見受けられました。とても残念です。

at 07:20, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment