<< 検察庁法改正案継続審議 | main | 法務大臣の黒川検事長辞任についての説明責任 >>

ズッキーニとアボカド

 スーパーで馴染みのない西洋野菜が売られていても、調理方法が分からず手が出せませんでした。パプリカは肉厚で甘味のあるピーマンのような野菜であることが分かり、安価な時に買って野菜炒めなどに使うようになりました。

 ズッキーニはしばらく手を出しませんでしたが、ある時いつものスーパーに倍以上の大きさがある巨大なズッキーニが他のズッキーニと同じ値段で売られていたので、随分割安と思って買ってしまいました。今はネットでレシピが簡単に調べられますので、食べたことのない野菜でも調理できないことはありませんが、不味いものを無理に食べることになる可能性もあります。ズッキーニはウリ科の野菜で加熱調理して色々使えるようです。

 最近スーパーでよく見かけるようになったのはアボカドですが、高価なので気にすることもありませんでした。先日、見切り品がまとめて安く売られていて、何か料理に使えるかと思って買ってきました。ネットでレシピを見ると、サラダとして他の食材と合わせて味付けして生で食べるものが多いようです。アボカドは果実ということで、そのまま食べるのが基本なのかもしれません。購入したのは見切り品ですから、黒くて柔らかく過熟状態で、調理には向いてなかったようです。生で食べると好き嫌いが分かれるような特徴のある味と触感でした。

at 07:37, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment