<< 言い訳が見苦しい加藤厚労大臣 | main | ゴールデンウィークの買い出し >>

検察官を政権の狗にしたいのか

 検察官の定年を65歳に延長し、さらに内閣によって役職定年を延長できる検察庁法改正案の国会審議が、野党の抗議を無視して始まりました。国民の関心がコロナ一色になっている状況であれば、国会で別の法案審議を強行しても目立つこともなく、与党だけで採決を強行して成立させることも可能と思っているのかもしれません。検察庁法改正案は野党が審議を欠席する中、与党と日本維新の会が審議をする内閣委員会に出席したとのことで、安倍政権はコロナ対策で支持されている吉村知事が副代表の維新の会を味方につけておけば大丈夫と思っているのかもしれません。

 現行の検察庁法に反して東京高検検事長の定年を延長した森法務大臣の追及はコロナ対策が優先されて有耶無耶になりました。検察官の定年延長は国家公務員の定年を65歳まで延長する国家公務員法改正案とセットにされていて、与党は森法務大臣のいないところで審議して成立させ、安倍政権の違法行為を後付けで問題なかったことにしてしまおうという魂胆のようです。国会としてはコロナ対策が最優先と思われますので、検察庁法改正の審議を今する必要はないはずです。もちろん、どさくさで中身を審議せずに可決させていい法案でもありません。与党は審議を中断すべきです。マスコミも法案の問題点と与党による審議の進め方の問題点をもっと報道すべきでしょう。

at 07:08, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment