<< ユースビオはアベノマスクの被害者? | main | 言い訳が見苦しい加藤厚労大臣 >>

換気をしよう

 富山県でのCOVID-19感染が拡大し、感染確認者が200人を超えてしまいました。富山でも東京の様に感染源の分からない患者も報告されていますが、多くは病院や介護施設などのクラスターに関係した感染者です。車社会で公共交通機関の利用が少なく普段から都会ほど人が集まるところも少ない富山で感染が拡大したのは何か特有の事情があるのかもしれません。同じ北陸の石川県や福井県でも急激な感染拡大がありましたが、クラスターが発生する3密(密集、密着、密閉)の条件では、北陸で特に密閉空間が多いように感じます。北陸では暖房効率を上げるために気密性の高い建物も多く、春先に寒い日が続いて換気が不十分だった可能性もあります。病院や介護施設では仕事で密着することが避けられず、施設内で感染が広がればその家族など密閉空間で密着する濃厚接触者に感染が拡大してしまいます。福岡を除く九州、四国の各県や静岡県などで感染拡大が緩やかなのは暖かいことがプラスに作用しているのかもしれません。

 大型連休に入って北陸でも暖かくなってきましたし、花粉症の季節も終わりますので、施設でも家でも窓を開けて十分に換気をすれば感染防止に役立つのではないでしょうか。多くの人が外出せずに人との接触を避ける努力をしていると思いますが、外部から運ばれる郵便物などモノを通した接触まで完全に避けることはできません。感染者が確認されていない家でも換気に努めることは意味のあることではないでしょうか。

at 07:27, kameriki, 富山

comments(0), -, - -

comment