<< 忘れてはいけない「桜を見る会」疑惑 | main | すでに非常事態 >>

マスク狂想曲

 店頭でマスクを見なくなってからすでに1か月は過ぎたでしょうか。ドラッグストアの新規開店でチラシが入っていましたので目当ての卵を買いに、開店の9時に合わせて行きました。駐車場をぐるっと回る長蛇の列、最後尾に並ぶと一番の人は4時から並んでいたとのこと。チラシにマスクは載っていませんでしたが、一番に並んでいた人は買えたようです。私が並んだ最後尾には、お店の担当者が並んでもすでにマスクは買えませんと言っていました。私の目的はマスクでもトイレットペーパーでもなく卵だったのですが、最近他では見たことのない群集の中で長時間過ごして感染のリスクを高めることは安価の卵を買うメリットに見合うものではなく、店内に入ることなく列を離れました。都知事の週末の外出自粛呼びかけで、都内のスーパーには食料品買い出しの行列ができていたようですが、離れて並ぶようにしたり群集ができないように入場制限したりする工夫が必要となるかもしれません。イタリアやスペイン、米国の惨状は明日の日本という危機感を持つべきです。東京の人ごみのニュースを見ているととても心配になります。

at 08:14, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment