<< 転売禁止法が必要な時代 | main | 収束した中国、韓国、くすぶっている日本 >>

バブル崩壊

 世界各国の株式市場での株価急落、新型コロナウイルスのパンデミックによる経済縮小に対する警戒心でパニック的な売りが続いています。東京市場でも記録的な株価の急落で、日経平均株価は3年ぶりの低い価格と言います。しかし、3年前はすでにアベノミクスによって株価は引き上げられていましたから、官製バブルがはじけただけとも言えるのではないでしょうか。きっかけが新型コロナウイルス感染の広がりであることは間違いありませんが、これがなくてもいずれはじけるバブルだったと見ることもできます。バブル崩壊のときに政府がするべきことはいつも同じで、実体経済への影響を減らして国民の生活を守ることです。実体経済への影響を減らすためにやるべきことは新型コロナウイルスの感染を早期に収束させることです。政府は株価に一喜一憂することなく新型コロナウイルス感染対策に注力するべきです。

at 08:10, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment