<< 対立ではなく感染防御 | main | ドル乱高下 >>

ウイルス感染収束のイメージ

 「ここ1,2週間が正念場」と安倍首相の大規模イベントの自粛要請が2月26日、翌日の小中高校の休校要請から、今週で2週間になります。新型コロナウイルス感染は収束したようには見えません。参議院予算委員会で首相は収束のイメージを聞かれて答えられませんでした。日銀の異次元緩和と同じで出口は考えていなかったのでしょう。

 新規感染者のゼロが続けば、収束したと言えるかもしれませんが、それではいつになるか分かりません。1,2週間は感染拡大を抑制するための正念場ですから、うまくいけば感染者が増大する山は低くなり、収束の判断は難しくなります。学校再開は春休みという期限がありますから、感染収束にかかわらず再開の判断は難しくないかもしれませんが、イベントの再開は難しいでしょう。無観客とまではいわなくても、観客同士の接触が避けられるように数を減らしたり、換気に努めたりといったこれまでのイベントと違う、感染予防対策を考慮した形での再開も考えられるかもしれません。

at 07:55, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment