<< 大相撲世代交代? | main | 野菜が安い >>

新型コロナウイルスの拡大

 連日、中国発の新型コロナウイルス感染の拡大を伝えるニュースが飛び交っています。当初、感染力は弱く、SARSなどと比べて致死率も低いと専門家は不安を抑制しようとするコメントを出していました。しかし、根拠は中国政府による感染者と死者の報告で、その数値が間違っていたら正しい評価はできません。急激に感染者や死者の報告数が増えている状況は感染が急拡大しているようにも見えます。当局からの感染力が増強しているとの発言もありました。しかし、発生源となった武漢市や湖北省の当局が情報収集に努めこれまでの隠蔽方針を改めたために報告数が増えた可能性もあります。もちろん、エボラのような病原性の強いウイルスや新型インフルエンザのような感染力が強いウイルスなど、新型コロナウイルスより危険なウイルスはたくさんありますが、新型コロナウイルスも少なくともSARSと同程度には恐れる必要がありそうです。中国で公表された感染者数はすでにSARS流行時の感染者数を超えたようです。

 都市を封鎖するという中国でなければできないような封じ込め策を実施していますが、すでに封鎖前に500万人が武漢を出たとのことで、封じ込め策がどの程度の効果を発揮するかはわかりません。やらないより良いという程度の効果にとどまるように思いますが、多くの市民の自主的な対策などで、世界各地でのパンデミックに至らずに封じ込められることを期待します。日本国内でも散発的に感染者が報告され、国内での感染も確認されました。なるべく人込みを避けるなど可能な限り潜在的な感染源に近づかない対応で、国内での感染拡大を抑えましょう。

at 07:21, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment