<< HP 255 G7 Notebook PC | main | 大相撲世代交代? >>

選択的夫婦別姓法制化を急げ

 国民民主党玉木議員の代表質問に対するヤジ、結婚でどちらかの姓が変わることに悩んで結婚に踏み切れないという話を紹介して選択的夫婦別姓を求める演説に「それなら結婚しなくていい」と自民党議員がヤジを飛ばしたと言われています。ヤジを発したとされる女性議員は沈黙を保ち、自民党はヤジを無視する意向のようです。選択的夫婦別姓は結婚しても別姓を続けたいと思う人が別姓を選べる制度で、これまで通り夫婦どちらかの姓に変更したいという人はそのまま同姓が選べる制度です。別姓が強制されるわけではなく、反対する理由が見いだせず、なぜこれまで認められていないのか不思議なくらいの制度です。ヤジに沈黙している状況を見ると、選択的夫婦別姓に反対することは国民の支持を得られないと多くの自民党議員も感じているということではないでしょうか。そうであれば、今国会で選択的夫婦別姓制度を法制化すべきです。制度設計は簡単ですから、すぐにでも法制化できるはずです。

at 08:03, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment