<< 起こってしまった不測の事態 | main | 電気釜の蓋のゴム >>

伊方原発差し止めは民意

 四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)の運転差し止めが広島高裁で認められました。差し止めは原発近くの活断層と阿蘇山の噴火による火山灰のリスクを考慮した高裁の判断です。運転ができなくなった四国電力は反発し、不服申し立てを行うようです。広島高裁の別の裁判官によって差し止めが覆る可能性もありますが、高裁が運転すべきではないと判断した意義は大きいものがあります。原子力規制委員会も差し止めに反発しているようですが、規制委員会が稼働を認めた原発でもリスクがゼロではないというのが規制委員会自身も認めている科学的な事実です。どこまでを社会的に許容できるリスクとするかを原子力規制委員会すなわち行政が判断して原発の運転を認めているのが現状です。日本の制度は三権分立ですから司法は行政とは独立して判断することができます。行政が許容した原発へのリスクを日本社会は認めていないと判断したのが広島高裁の決定ではないでしょうか。こちらの方が明らかに民意に近いと思います。原子力規制委員会は高裁の判断を尊重し、許容できるリスクのレベルを下げるべきです。四国電力をはじめとする電力会社は、経営的にもリスクの大きい原子力を廃止して再生可能エネルギーにシフトすべきです。

at 07:15, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment