<< 伊方原発差し止めは民意 | main | 雪が降らない >>

電気釜の蓋のゴム

 30年以上使っている電気釜、単純な構造ですが内鍋の上にのせる蓋を環状のゴムで上蓋に固定しています。このゴムが劣化したら電気釜自体が使えなくなると心配していましたが、30年以上問題なく使えていました。まだしばらくは大丈夫と思っていましたが、いつものようにご飯を炊こうとして、内鍋をセットしたらゴムがないことに気が付きました。内鍋と内蓋を洗った時に無くしてしまったようです。最後に使った日から気付くまでに、ごみ収集の日を過ぎていますので既に我が家にはない可能性も高く、あきらめざるを得ません。電気釜は古い製品で部品として購入することもできませんが、内蓋を支えているだけのゴムですから似たようなもので代用できそうです。食品に接するところに使うので衛生的に問題なく耐熱性もある素材が必要です。100均で売っているシリコン製の蓋を使って適当な大きさに切り穴をあけて代用品を作りました。ご飯はこれまでと同じように炊けました。構造が単純なので電気釜は壊れずに長持ちしてくれているようです。

 

at 08:03, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

comment