<< 観光とリスク | main | 簡単ロールキャベツ風 >>

5Gより再生可能エネルギー

 スペインのCOP25で演説した小泉環境相、石炭火力発電を廃止する政策に言及することなく、日本はCOP25開催期間中2度目の化石賞が贈られる不名誉な結果となりました。石炭火力発電が多くのCO2を排出することは明らかで、廃止するのが世界の潮流です。安価だというだけでいつまでも使い続けることは許されないことでしょう。手始めとして新設をやめ、期限を決めて効率の悪い発電所から停止し、早期に全廃する工程を作る必要があります。

 安倍政権は5Gの設備投資に来年から税金を優遇する措置を検討しているようです。通信料が多くなる5Gが普及すれば今より電気使用量が増えCO2排出量も増えることになるでしょう。優先すべきは5Gより再生可能エネルギーではないでしょうか。赤字国債を発行してまで補正予算による景気対策をするのであれば、石炭火力発電を再生可能エネルギーに置き換える公共事業に使うべきです。政権は政策の優先順位を間違えています。

at 08:01, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。