<< バックアップの役割 | main | 観光とリスク >>

欠品の残念な案内メール

 パソコンが2台立て続けに故障し、新品を購入することにしました。比較サイトなどを参考にしながら対象機種を絞りネットで注文しました。注文の際に在庫切れの表示が出て少し気になりましたが、大丈夫だろうと思ってそのまま続けました。注文は完了し、商品代金は決済されましたが、欠品の案内メールが届き製品は届いていません。「納品日が確定いたしましたら、速やかにご連絡いたします。」とのことで、待っているしかありません。その次に「なお、製品ご利用をお急ぎの場合、下記ページにて5営業日でお届けできる製品をご紹介しております。」との一文がありリンク先を見ると、注文した製品より高い商品がずらーっと出てきました。それぞれスペックが違いますから注文した商品と比べてコストパフォーマンスが悪いかどうかは分かりませんが、広告に載った安価な目玉商品を目当てに買いに行くと売り切れと言われて高いものを売りつけられる悪徳商売が思い出されました。もちろん、待っていれば追加製造されて納品されるはずですから、悪徳商売と違うとは思います。会社としては急いでいる人へのサービスとして載せたのかもしれませんが、いやな思いをさせる逆効果の案内でした。

 対象製品はその後もネット販売で注文を受け続けています。一日でも早く納品されることを期待しています。

at 07:50, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。