<< 補正予算パソコンよりも地熱発電 | main | ONE TEAMの使われ方 >>

「在日米軍」金を出すなら口も出せ

 トランプ大統領が在日米軍の駐留経費負担増を安倍首相に求めたことを明らかにしました。日米貿易交渉で圧倒的に不利な協定を飲まされWin-Winと嘘をついて国会承認を得た安倍首相ですから、駐留経費負担でもトランプ大統領の要求を拒むことはできないでしょう。どうせお金を払うのであれば、日本も要求して飲ませるべきです。日米地位協定の改定と海兵隊の撤退、普天間飛行場の返還を要求すべきです。当然、辺野古の新基地建設は中止です。

 トランプ大統領はお金しか興味がないようですから、日本の防衛にかかわらない海兵隊の撤退によりトランプ大統領に在日米軍の規模縮小を実現したという「実績」を作らせるチャンスではないでしょうか。日本は植民地ではなく独立国ですから、トランプ大統領の都合の良い財布ではないところを見せてほしいものです。

at 07:57, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。