<< 「在日米軍」金を出すなら口も出せ | main | 追悼中村先生 >>

ONE TEAMの使われ方

 2019年の「新語・流行語大賞」に「ONE TEAM」が選ばれました。ラグビーワールドカップで日本代表チームのスローガンとして使われた言葉ですが、急激にラグビーと関係ない場面でも聞かれるようになりましたので今年の流行語大賞にふさわしく思います。英語ですが誰にでも意味のわかりやすい言葉で使いやすく、多くのリーダーの会見でも使われていました。

 ラグビー日本代表チームは多様な国籍の選手が集められたチームで、「ONE TEAM」は多様性を尊重する言葉のように解説する向きもあるようです。ラグビー日本代表チームがこの言葉を使えば、多様性も理解できますが、政治家や社長が「ONE TEAM」と言うと全員で同じ目標に向かって前進せよという、多様性とは正反対の全体主義的なニュアンスを感じてしまいます。この言葉が使われ続けるのか、どのような意味で使われるのか興味深い言葉が今年の大賞に選ばれました。

at 08:22, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。