<< Windows Mailの文字化け | main | 「桜を見る会」名簿は公開が原則 >>

教皇と原子力と死刑制度

 ローマ教皇が来日し、キリスト教徒へのミサを行い日本を去りました。被爆地の長崎と広島を訪れ核兵器を強い言葉で非難し、廃絶に向けた行動が呼びかけられました。安倍首相とも会談されていましたが、核兵器を所有することも認めない主張は米軍の核の傘による安全保障を維持し、核兵器禁止条約を拒絶している安倍首相とは相容れないものでした。ローマ教皇は原子力は兵器だけでなく発電も止めるべきと考えているようです。さらに、今回の来日では話題になりませんでしたが、ローマ教皇は死刑制度の廃止も主張しています。私はキリスト教徒ではありませんが、原子力と死刑廃止に関するローマ教皇の主張には賛成です。どちらも安倍政権の主張とは異なっていますが、日本のキリスト教徒は安倍政権を支持し続けるのでしょうか。

at 08:01, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。