<< 大嘗祭の在り方 | main | 結露と断熱シート >>

伝わらない違法薬物の危険性

 女優の沢尻エリカさんが合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕されたとの報道が駆け巡りました。田代まさしさんの逮捕というニュースを聞いたばかりで、とても残念です。田代さんは覚せい剤の依存症と戦う毎日と推察されましたので、再逮捕は依存症に負けてしまったのかと思いますが、沢尻さんはどうしてMDMAに手を出してしまったのでしょう。女優としての実績も十分で、現在もNHK大河ドラマの撮影など順調に仕事をされていたはずですが、違法薬物ですべてを失ってしまいました。10年以上前から薬物を使用していたとの供述も伝わっていますので、沢尻さんも逮捕のリスクを分っていながら依存症で薬物をやめられなかったのかもしれません。

 もちろん最初に入手したときの理由は依存症ではありません。違法薬物で逮捕されれば一瞬ですべてを失ってしまうことは想像できたはずですが、一回くらいなら見つからないと思ったのでしょうか。依存性薬物の怖さと逮捕されることによる影響の大きさが十分伝わっていないように見えます。田代さんはテレビでもしばしば覚せい剤の怖さを自身の体験から語っていましたが、他の人にも自身の経験を語ってもらえれば、もう少し危険性が伝えられるかもしれません。沢尻さんがこれからどのように薬物と離れて再起されるか分かりませんが、依存症になる前に逮捕されていれば薬物と手を切ることも容易だったはずです。警察や麻取は、限られた人的資源で薬物の使用者より販売者や組織を見つけ出して逮捕することに力を入れていると思われますので、長期間見つからずに使い続けている人も多くいるかもしれません。過去に逮捕された有名人などにマスコミやSNSで違法薬物を使用することの危険性について啓発してもらえば多少は効果があるのではないでしょうか。

 

at 08:12, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。