<< 垂直避難と言うけれど | main | 予想外のギガ消費 >>

断水のリスク

 電気と水道がなければ現代の生活は成り立ちません。台風19号の被災地では各地で停電、断水が起こり、生活にも復旧作業にも支障をきたしているようです。地震による水道管の破損で断水、あるいは停電によってポンプが動かせなくなり断水と言うのは分かりますが、台風の水害による断水は浄水場の浸水によって起こったそうです。浄水場を取水地の近くに造るのは合理的ですから多くが川の近くの浸水危険地域にあるようです。十分な浸水対策が取られていなければ、豪雨により浸水し、浄水場が稼働できなくなって断水に至る危険性があります。今回の台風被害のように複数個所で破堤するような大規模な浸水が起こることを考えれば、浄水場の浸水対策にも限界はあるでしょう。

 自宅の浸水リスクがなくても、浄水場の浸水による断水のリスクに備える必要がありそうです。

at 08:00, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1765