<< 理不尽なIOC | main | 万歳は必要か >>

強かった南アフリカ

 ラグビーワールドカップ日本代表は南アフリカに3対26で敗れ、ベスト8で終わりました。前回大会の一次リーグでは南アフリカに勝っていましたので、今回一次リーグを全勝で突破した日本代表に期待していましたが、残念でした。大会直前に行われたテストマッチでも南アフリカに7-41で負けていたことを考えれば、予想された通りかもしれません。1トライもあげられず、1ペナルティゴールの3点だけに抑えられてしまいましたが、前半は南アフリカの攻撃を1トライに抑えて3対5と善戦し、ベスト8にふさわしい実力も見せられたのではないでしょうか。最終的には南アフリカに実力の違いを見せつけられ、一次リーグで南アフリカに勝ち準々決勝ではアイルランドにも圧勝したニュージーランドのような伝統国の強さも実感させられました。

 イングランドにウェールズ、アイルランドとベスト8に3チーム、さらに日本と一次リーグ突破を争ったスコットランドも含めた4チームの強さは、大英帝国のかつての栄光を物語っているように見えました。

at 07:10, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1761