<< 米国の裏切り明日は我が身 | main | プロ野球もやっています >>

恩赦は必要か

 政府は天皇陛下の即位礼正殿の儀に合わせて約55万人に恩赦を与える方針と伝えられています。これまでの恩赦に比べて縮小する方針とのことですが、55万人という数の多さに驚きます。これだけの人数では、恩赦の対象となるそれぞれの人が妥当かどうか我々一般人はもちろん、マスコミも検証することは不可能に見えます。再審請求が認められず冤罪で投獄されていて恩赦されるべき人もいると思いますが、55万人も必要な人がいるとは思えません。政権が選挙違反者など身内の救済のために利用しているのだとすれば、恩赦の制度を考え直す時かもしれません。

at 06:16, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1758