<< 防衛省の失態 | main | 懲りない後出しじゃんけん >>

英最高裁は違法判決日本は?

 EUからの離脱をめぐって混乱を続けている英国議会、日本にとって民主主義のお手本のはずでしたが、決められない政治の見本のようになっていました。新任のジョンソン首相は議会を閉鎖して、時間切れによってEUから強行離脱しようとしましたが、議会からは合意なき離脱を避けるため離脱を3か月間延期するための法案を可決されてしまいました。さらに、最高裁が議会の閉鎖を違法としたため、議会が再開されました。再開された議会がEU離脱に関して有効な手段が見いだせるとは限りませんが、行政の暴走を止め三権分立を守った最高裁はまだ民主主義が機能しているところを示しました。米国でも移民政策などで司法がしばしば暴走するトランプ大統領に待ったをかけました。

 日本では安倍首相が憲法53条に基づく野党の求めを拒否して3か月も国会を開かず、ようやく開いた国会で審議をせずに衆議院を解散したことがありました。この処置は憲法違反とする訴訟が起こされていますが、はたして日本の裁判所は違憲とする判決を下せるでしょうか。日本の裁判官も気概を見せてほしいものです。

at 08:10, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1745