<< 残念な踏切事故 | main | お友達内閣を糊塗するための進次郎氏 >>

暴風の恐怖

 台風15号は上陸した千葉県などで猛威を振るい暴風による被害をもたらしました。工事の足場を倒し、ゴルフ練習場のポールを倒し、さらに電柱を倒して停電をもたらしました。台風の威力や進路は予想された通りですが、分かっていても防ぐこともできません。実際、台風に備えて、せっかく組んだ足場を工事の終わる前に予め撤去しておくことはしないでしょうし、電柱を倒しておくこともできません。台風に対する備えとしてできるとしたら、停電があることを覚悟して準備をしておくとか、足場が崩れてきても怪我をしないように避難するといったことでしょうか。改めて暴風の恐怖を感じました。

at 07:31, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1735