<< ハザードマップを見てみよう | main | 現実になってしまった台風被害 >>

半世紀前の地形を見てみよう

 一部自治を除いて各自治体から大規模盛土造成地を示すマップが公表されています。地震や大雨での地滑りのリスクを正しく知って

おくことは適切な避難行動のためにも必要です。大規模ではない造成地でも場合によっては大地震の際の液状化のリスクなどがあり、宅地開発をした住宅地で家が建つ前の状況を知ることは購入前に参考となるでしょう。近所に住んでいるお年寄りなら半世紀前の状況を知っているかもしれませんが、聞けない時もあります。国土地理院のサイトで、半世紀前、正確には49年前の1970年に撮影した白黒の航空写真を見ることができます。1975年に撮影したカラー写真も見られます。このカラー写真は「統計GIS」というサイトで現代の地図と並べて閲覧することもできます。ちなみに我が家の50年前は田んぼでした。残念ながら購入前は知りませんでした。

at 08:35, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1734