<< 法務省の無法地帯 | main | 暴風の恐怖 >>

残念な踏切事故

 京急本線子安駅と神奈川新町駅間の踏切で起こった大型トラックと電車の衝突による脱線事故、幸い脱線した電車の乗客に死亡者はいませんでしたが、残念ながらトラックの運転手が亡くなりました。踏切で立ち往生したトラックに一義的な責任はありますが、トラック運転手を死なせてしまった衝突・脱線事故に至った京急のシステムが残念でなりません。このトラックの運行経路から、運転手は高速道路の入り口に行こうとして間違えて線路の横の細い道に入り込んで出られなくなり、踏切での右折を選択して立ち往生したようです。道を間違えることなど誰にでもあります。トラックが踏切に入ったことは誰にも責められないでしょう。トラックが大きすぎて何度も切り返さなければ右折できず時間切れとなってしまったようです。踏切で立ち往生したときは踏切の非常ボタンを押し、車に備え付けの発煙筒を焚いて列車へ向かって走って警告すると教習所で習った覚えがあります。トラック運転手は運転席にとどまっていて亡くなったようですが、踏み切りでは障害物検知装置が作動して電車用の信号は正常に赤点滅していたようです。しかし、多くの鉄道会社が検知装置に連動した自動ブレーキを導入しているのに対して京急は手動ブレーキのままとのことです。電車の運転手がいつブレーキをかけたか今後捜査がされるものと思いますが、運転手の操作の遅れが起こり得ることを考えれば、京急も早急に自動ブレーキを採用するべきではないでしょうか。人間のミスは必ず起こるものですから、起こることを前提にそれでも安全を確保できる、少なくとも死なないシステムを構築すべきです。衝突・脱線が防げれば、列車に遅延が起きても鉄道会社の経済的損失ははるかに少ないはずです。

at 08:15, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1732