<< いつの間にか始まり終わったG7 | main | 香港市民と連帯を >>

トウモロコシの押し売り

 日本が輸入する農産品の関税を下げることで日米貿易交渉が合意したそうです。トランプ大統領の予告通り参議院選挙後すぐのできごとでした。関税水準がTPPレベルまでで収まったことで政府は評価しているようですが、TPPで合意していた輸入車の関税引き下げどころか、25%に引き上げるというトランプ大統領の脅しを封印することもできませんでした。さらに、中国に売れなかったトウモロコシを買う約束までさせられました。トウモロコシが売れなくなって困っているのは米国で、安倍首相は押し売りを拒否できなかっただけなのに、日本が不作だから輸入すると取り繕っている姿は哀れです。韓国に対しては言いたいことを言って、米国には媚びを売る外交でいいのでしょうか。

at 07:59, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1726