<< 風疹予防接種 | main | トウモロコシの押し売り >>

いつの間にか始まり終わったG7

 フランスで開かれたG7首脳会議が終わりました。マスコミ報道も少なくいつの間に始まり終わったのか、影の薄いG7でした。大阪で開かれたG20とはマスコミの扱いに天地の差があります。G7の報道が少ないのは外国での開催ということだけでではなく、今回のG7サミットでは首脳宣言も出されず、日本以外の参加国にとっても意義の薄い会議だったようです。参加国の意見の違いが大きく、決められない協調的でないG20に比べて、価値観が一致して強調しやすいG7と言われましたが、トランプ大統領がいる限りG7でも協調は不可能です。これではG7の存在意義はないでしょう。現状であれば、G20がある限りG7は要らないのではないでしょうか。

at 08:07, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1725