<< Windows10サポート終了間近 | main | いつの間にか始まり終わったG7 >>

風疹予防接種

 風疹の流行が収まらないようです。制圧するためには社会全体で抗体の保有率を上げるしかありません。公費負担で予防接種を受ける機会がなく抗体の保有率が低いとみられる世代が無料で予防接種を受けられる事業が始まっています。対象となるのは昭和37年4月2日から昭和54年4月1日に生まれた男性で、初めに抗体検査を受けて抗体価が低ければワクチンを接種するという手続きです。抗体価の検査などせずに初めからワクチンを打ってほしいという気もします。貴重なワクチンを要らない人に接種する可能性はありますが、抗体検査の費用がいらなくなるので、経済的にも初めからワクチンで良いのではと思うのですが、抗体検査を省いてワクチンを接種してもらうことはできません。幸い抗体検査は特定健診と併せて受けることができるので、健診のついでに受ければ病院に行くのも採決も一度で済みます。対象者が抗体検査とワクチン接種を無料で受けるためのクーポンは住民票のある自治体に連絡すれば、送ってもらえますので、特定健診と併せて受けることをお勧めします。

 私は抗体検査の結果、抗体価が基準以下でワクチン接種を受けてきました。風疹単独のワクチンは製造されていないため接種されるのはMRかMMRの混合ワクチンとなるようです。私の受診した医療機関はMRワクチンでした。これで、再び流行している麻疹(はしか)の抗体も得られるので大変お得です。待っていても対象者には自治体からクーポンが送られてくるはずですが、来年まで送られてくるのを待っていて感染してしまったらショックでしょう。抗体が獲得できるまで1か月程度かかるようですが、とりあえず感染する前にワクチンを接種することができて一安心です。

at 07:26, kameriki, 医学

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1720