<< 豚コレラ対策にワクチンを | main | テロ手段としてのガソリン >>

弾道ミサイル無口な安倍さん

 北朝鮮が弾道ミサイルの発射実験を再開しました。米朝首脳会談前、イージス艦で警戒監視し、避難訓練まで奨励していた頃の状況に戻っているはずですが、安倍首相から北朝鮮を非難したり日本へのリスクを強調したりする声は聞こえません。安倍首相は北朝鮮よりも韓国を非難することに熱心なようですが、日本の防衛にとって本当の脅威はどちらでしょう。以前のミサイル発射と最近の発射の違いは弾道ミサイルが長距離か中短距離かにあるようです。トランプ大統領は米国本土に届かない射程距離の短いミサイルの発射を容認しているようですが、日本にとっては上空を飛び越えていく長距離弾道ミサイルより、中短距離弾道ミサイルの方が脅威ではないでしょうか。安倍首相は金正恩氏との直接会談を期待して戦略的にミサイル発射の非難を控えているのかもしれませんが、元々北朝鮮のミサイル発射実験自体、それほどの脅威と考えていなかったのかもしれません。そうであれば、イージスアショアの配備は必要ないでしょう。トランプ大統領の要請にこたえて防衛費を増やすため、都合よく北朝鮮の脅威を煽ったり、黙ったりするのはやめましょう。

at 07:30, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1712