<< 3日で証明した表現の不自由 | main | 豚コレラ対策にワクチンを >>

NHKドラマ英国から韓国へ

 NHK総合テレビで海外ドラマを放送している時間帯である日曜夜11時、英国女王ヴィクトリアを描いたドラマが終わり、8月4日から韓流時代劇ドラマに替わりました。先週の「女王ヴィクトリア2」が最終回とは知らなかったので、突然韓流ドラマに替わったと思い驚きました。日韓関係が悪化する中でNHKは敢えて韓流ドラマを放送したのかと思いましたが、「女王ヴィクトリア2」の最終回も韓流ドラマ「不滅の恋人」の開始も早くから決まっていたようです。当たり前ですね。

 韓国では日本製品のボイコットや訪日旅行のキャンセル、ドラえもんの上映延期、自治体間の日韓交流事業の中止など、日本の全てを拒否しようとする動きがあるようですが、幸い日本では韓国ボイコットは起きていないようです。もちろん、韓国に拒否されれば、交流事業などはできませんが、日韓の政治的な関係に影響されることなく、日本は淡々と民間交流、文化交流など個人同士の関係を続けて行くべきでしょう。この時期にNHK総合で韓流時代劇の放送がスタートしたのは偶然と思いますが、予定通り放送が続けられることを期待します。初回を見た限りでは王朝の権力継承に関するドラマが繰り広げられるようですが、現代に続く韓国人の権力や正義への考え方の一端が現れているようで興味深く見ました。

at 07:57, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1709