<< ホームページの迷惑な地雷 | main | 官民ですすめる空き家対策 再生と有効利用の成功事例 >>

外国人患者受け入れ医療機関

 厚労省が「外国人患者を受け入れる医療機関の情報を取りまとめたリスト」を公表しました。日本に暮らす外国人が増えれば医療機関を利用する外国人も増えるはずですが、多くの在日外国人が医療機関を利用するときは日本語でも対応できるでしょう。しかし、外国人観光客には日本語が分からない人も多く、訪日観光客が増えれば病院に来る日本語の分からない外国人も増えるはずです。観光立国を目指す政府としては対応できる医療機関を整備する必要があり、リストの公表となったようです。全国の病院の一覧が公表され、診療科と対応言語、対応クレジットカードが記載されています。都道府県に協力が求められていますから、公立病院はリストに載せないわけにはいかないでしょう。たまに一人二人の患者が来るだけであれば外国人であっても対応できると思いますが、リストによって多くの外国人患者が来院するようになれば、対応に苦慮するところも多いのではないでしょうか。厚労省はリストを作るだけで自治体に丸投げではなく、財政的な支援も含めた適切なフォローが必要でしょう。

at 08:02, kameriki, 医学

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1701