<< すぐに役立つ これだけは知っておきたい 空き家対策の法律・税金と活用法 | main | 有志連合にはイランを呼ぼう >>

空き家を活かす 空間資源大国ニッポンの知恵

 これまで紹介した空き家対策の本と違って、建築家の立場から空き家を空間資源ととらえ、作り変えることによって利用していこうという提案のようです。賃貸に出すために古家をリフォームすると言った程度の作り変えではなく、利用目的も変えてしまうような大規模な変更でリノベーションと呼んでいます。空き家がたくさんあるということはリノベーションできる建物がたくさんあるということで、いろいろな人が「遊び」として楽しくリノベーションすることによって街に活力を与えることができるようです。

 著者は、パリのように整然と整った「まち並み」を推奨する都市デザイン専門家の言葉に反発を覚え。不揃いで個性のある空間資源を好んでいるようです。

 不動産流通市場に乗らない空き家や空きスペースを利用したいと考えた個人が自ら出向いて探し当てた物件をネットで不動産仲介ビジネスにつなげたのが、「東京R不動産」とのことです。各地にのれん分けした「R不動産」が誕生しているそうです。

 リノベーションで街を変えた実践例が紹介されていますが、その中で廃寺を福祉施設に変えた小松市野田町の「三草二木西圓寺」は興味深いものでした。その他、安く買った空き家に高額なリフォーム費用はかけられないという人が自分で楽しみながら断熱工事をしようという「南房総DIYエコリノベ」というワークショップも紹介されていました。

空き家を活かす 空間資源大国ニッポンの知恵 (朝日新書)

新品価格
¥810から
(2019/7/19 08:36時点)

空き家を活かす 空間資源大国ニッポンの知恵 (新書695) [ 松村秀一 ]

価格:810円
(2019/7/19 08:38時点)

at 08:38, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1697