<< 60分でつかめるネットではわからない空き家問題の片づけ方 | main | 女性の後天的全般性性的欲求障害治療薬 >>

タンカー護衛はイランに頼もう

 ホルムズ海峡のタンカー護衛について、米軍はタンカーは自国で守るように有志連合を作る方針を表明しました。米軍がペルシャ湾から撤退すれば、海峡の緊張状態はなくなって、有志連合など必要なくなると思います。米国が核合意に戻って、イランへの制裁を解除することが好ましい解決方法であることが明らかですから、安倍首相は親しいトランプ大統に直談判すべきです。それができなければ、お金を出してタンカー護衛をイラン軍に頼みましょう。米国の経済制裁でイランからの石油の輸入はできなくなりましたが、政府がイラン軍に護衛を頼むことは可能ではないでしょうか。イランにも経済的なメリットがありますから、イランには見返りにウラン濃縮を自粛するよう求めることもできます。有志連合に加わって、自衛隊がイラン軍と戦火を交えるようなことは絶対避けるべきです。

at 07:37, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1694