<< 負動産時代 マイナス価格となる家と土地 | main | 大正さんデータは? >>

空き家の実家を収入源に変える法

 別居の両親が亡くなれば実家は空き家になります。老親が自宅で生活できなくなり施設に入居することによっても空き家になりますので、実家の空き家は多くの人にとって他人事ではありません。本書のタイトルは前向きですが、本文では実家が空き家になることが如何に問題かについて警告し、取り組むべき解決方法についても記しています。空き家と言っても不動産ですから相続すれば財産が増えるはずで、何が問題かと思う人もいるかもしれません。しかし、空き家のような中古住宅は期待するような高値で容易に売れるものではなく、利用しなくても相続人に固定資産税が課せられます。空家対策特別措置法ができて、管理が不十分で倒壊の危険がある「特定空き家」に指定されれば固定資産税が6倍になったり、強制的に撤去されてその費用を請求される可能性もあります。本書を読むと実家を空き家のまま放置することが如何にリスクとなるか良く分かります。そこで、解決方法ですが、売るか賃貸などに利用するか、どちらかしかありません。何が最適かは不動産の状況、所有者の意向などによって変わりますが、不動産業者は自社の得意な分野だけを勧める傾向があり、最適解が見つかるとは限らないと言います。本書では最適な方法を提案してくれるコンサルタントを見つけることを勧めていますが、著者が不動産相続コンサルタント会社ALIVEの代表ですので、若干コマーシャル的な感じもします。

 解決策としては売却や賃貸の他に自身で利用して新規事業につなげる方法を提案しています。インバウンド需要に対応した民泊や要介護者や高齢者の集う施設など、いずれにしても事業者になる相当な覚悟がないとできそうもありません。賃貸であっても大家さんとして管理をするためには多くの義務を負いますので、著者はプロの力を借りることを勧めています。良い出会いがあってネットワークが広がれば、事業主としての収入も生きがいも得られるのかも知れませんが、簡単ではなさそうです。

空き家の実家を収入源に変える法

新品価格
¥1,512から
(2019/7/9 07:30時点)

空き家の実家を収入源に変える法 [ 赤羽 聖子 ]

価格:1,512円
(2019/7/9 07:31時点)

at 07:31, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1692