<< イメージアップとダウンの記者会見 | main | 外国人患者受け入れ医療機関 >>

ホームページの迷惑な地雷

 マイクロソフトネットワークのホームページ(www.msn.com)でニュースを読んでいます。見出しをクリックし、本文のページを開くと右横と下欄に広告が表示されます。ページをスクロールしながら読んでいると突然「ビー」という大きな音が鳴り響き、Windowsが壊れているという警告が現れます。システムの修正のためにクリックするように促されますが、間違ってもクリックしてはいけません。ウイルスに感染する可能性があります。対処方法としては、パソコンの電源を長押しして強制終了するしかありません。

 これまでに何度か経験しましたが、ページに表示されている何かの広告をクリックしたことが原因のようです。広告を見る目的でクリックしたことはなく、いずれもスクロールしている時や、見ながら寝てしまった時に間違ってクリックしていたようです。警告音を発してWindowsの修正を促す表示が現れるのは広告をクリックしたときにそのような表示をするページに飛んでいるためと思われます。「続きを読む」をクリックして表示された経験もあります。そのページにアクセスして読み込むまで表示されませんので、表示が始まる前に気づいてページを閉じれば警告音は発せられませんが、間に合わないと大きな警告音に驚くことになります。どの広告がその地雷か分からないので広告を見る目的でクリックすることはありません。Windowsの本元マイクロソフトのニュースページにも地雷広告が掲載されている可能性がありますので、ご注意ください。

at 07:35, kameriki, ホームページ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1683