<< イージスアショア白紙撤回せよ | main | スマートキーに戸惑う >>

低頻度リスク容認川内原発地裁判決

 川内原発1、2号機の原子炉設置許可を取り消すように求めた行政訴訟で福岡地裁は住民の訴えを退ける判決を出しました。住民は原子力規制委員会による川内原発の火山のリスクに対する評価が不十分で、新規制基準に適合しているとする判断が不当と訴えていましたが、判決では「極めて低頻度の自然災害が想定されていなくても不合理とは言えない」と原子力規制委員会の判断を容認したそうです。山体崩壊のような破局的な大規模噴火が起こる確率について、感覚的には極めて低いと思いますが、東北大震災のような大規模地震が発生する確率に比べて十分低いのかどうかは分かりません。

 ゼロリスクを求めれば原発は全廃するしかなく、現政権が一定レベルのリスクは許容する方針で再稼働を容認している以上、職業裁判官がリスクの発生確率を推定して政府の方針に異を唱えるのは難しいのかもしれません。裁判員裁判は現在のような刑事訴訟ではなく行政訴訟にこそ導入すべきではないでしょうか。

at 07:30, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1677